國學院大學 平成24年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
社会のなかの人間21(國學院大學の歴史と未来) 久野 マリ子

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 水曜 2時限 1 2

講義概要

授業のテーマ

國學院大學の歴史と未来

授業の内容

國學院大學は120年余の歴史と伝統があり、その歴史自体が研究対象として近代の人文科学系諸分野をリードする高等教育機関である。その学風及び研究が、わが国の文学・芸術における重要な意義を有している数少ない大学の一つでもある。それら各分野の成果をより具体的に紹介することにより、本学の学生が在学中、及び卒業後に専門分野だけでなく母校國學院大學について理解を深め、堂々と語り誇りを持って生きてゆける知識を伝えることを目的とする。

到達目標

国学院大学の歴史を理解し、国学院の未来を展望する

向上する能力・資質

理解力 応用力 探究力 自己学習力 表現力
コミュニケーション力 論理的思考力 判断力 専門的知識 専門的技術
国学院力

授業計画

第1回 各回の内容・担当者の日程は変更する場合があります。
序論・講義計画
第2回 國學院大學の歴史(1)建学の精神
第3回 國學院大學の歴史(2)皇典講究所と國學院大學
第4回 國學院大學の歴史(3)皇典講究所と國學院大學
第5回 國學院大學の学問史(1)歴史研究
第6回 國學院大學の学問史(2)国語学研究
第7回 國學院大學の学問史(3)民俗学研究
第8回 國學院大學の学問史(4)漢文研究
第9回 國學院大學の学問史(5)哲学研究
第10回 國學院大學の学問史(6)神道研究
第11回 國學院大學の学問史(6)法学
第12回 國學院大學の学問史(7)経済学
第13回 近代文学史上の國學院大學(2)俳句・和歌・詩・小説
第14回 國學院大學の未来・院友の活躍
第15回 國學院大學の未来・院友の活躍

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

受講に関するアドバイス

この科目は特に出席を重視する
多くのゲスト講師の先生方に講義をしていただく。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
リポート 20% 授業で得た知見をもとに各自がレポートを作成する
出席 55% 出欠は重視する。欠席が多い場合は単位を与えない。
やむをえない事情で欠席する場合は、理由・日時・所属・氏名を記入してこの授業のコーディネーター(久野)まで提出すること。
コメントペーパー 25% 授業時に簡単なコメントペーパーを提出する
注意事項 この科目は、特に出席を重視する。出欠は、毎時間に課すコメントペーパの課題をK-SMAPYに投稿することによって確認する

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

必要に応じ、授業時にプリントを配布する。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
國學院大學百二十年小史 校史資料課編集 國學院大學発行

オフィスアワー

火曜日3限、木曜日5限