國學院大學 平成30年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
宗教社会学2 黒崎 浩行

免許・課程

資格課程

神職課程

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 後期 水曜 1時限 2 2

講義概要

授業のテーマ

宗教社会学の対象領域を知る

授業の内容

宗教社会学が研究対象としている領域は、関連諸学も含めると多岐に及ぶ。この授業では、日本の宗教社会学で着実な研究蓄積のある事象を中心に学び、あわせて現代社会の宗教をめぐる問題に対する理解を深める。

到達目標

宗教社会学の対象領域に対する基礎的な知識を身につけている。
現代社会の宗教に関する資料・データを適切に収集し、読解することができる。

授業計画

第1回 宗教社会学の対象領域
【準備学習 60 分】
⇒教科書序章を読む。
第2回 近代化と日本の宗教(1):国家と宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第5章を読む。
第3回 近代化と日本の宗教(2):都市化と宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第5章を読む。
第4回 近代化と日本の宗教(3):家族と宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第5章を読む。
第5回 新宗教(1):近代新宗教の特徴と区分
【準備学習 60 分】
⇒教科書第6章を読む。
第6回 新宗教(2):新宗教の展開とポスト近代新宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第6章を読む。
第7回 現代世界の宗教(1):世界の宗教文化圏
【準備学習 60 分】
⇒教科書第7章を読む。
第8回 現代世界の宗教(2):国際化・グローバル化のなかの宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第7章を読む。
第9回 グループワーク:最近の宗教に関する新聞記事を集めて共有する
【準備学習 60 分】
⇒ここ1週間の新聞から、宗教に関係する記事を切り抜いておく。
第10回 現代社会の宗教をめぐる問題(1):宗教の社会貢献
【準備学習 60 分】
⇒教科書第6章を読む。
第11回 現代社会の宗教をめぐる問題(2):スピリチュアリティ
【準備学習 60 分】
⇒教科書第4章・第6章を読む。
第12回 現代社会の宗教をめぐる問題(3):ツーリズムと宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第6章を読む。
第13回 現代社会の宗教をめぐる問題(4):生命倫理と宗教
【準備学習 60 分】
⇒教科書第7章を読む。
第14回 現代社会の宗教をめぐる問題(5):宗教と暴力
【準備学習 60 分】
⇒教科書第7章を読む。
第15回 現代社会の宗教をめぐる問題(6):宗教と情報・メディア
【準備学習 60 分】
⇒教科書第8章を読む。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

教科書と配布資料、参考文献を熟読する。
現代の宗教に関する報道、話題に目を向ける。

受講に関するアドバイス

毎回コメントペーパーの提出を求める。その他、オフィスアワーを利用して、不明な点について遠慮なく質問してほしい。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
期間内試験 70% 授業で紹介した知識を身につけているかどうか、得た知識をもとに資料を読解し的確な注解ができるかを問う。
平常点 30% グループワーク、コメントペーパーの提出などの授業参加。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

井上順孝編『宗教社会学を学ぶ人のために』世界思想社

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
大谷栄一・川又俊則・猪瀬優理編 基礎ゼミ宗教学 世界思想社
櫻井義秀・三木英編 よくわかる宗教社会学 ミネルヴァ書房
井上順孝編 現代宗教事典 弘文堂
井上順孝編 リーディングス戦後日本の思想水脈6 社会の変容と宗教の諸相 岩波書店

オフィスアワー

月曜3限・水曜7限