國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
神道史学演習1 笹生 衛

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 通年 金曜 6時限 3 4

講義概要

授業のテーマ

考古学と祭祀・信仰・文献史料

授業の内容

日本人の信仰、神祭りの起源や歴史について考える場合、遺跡や出土遺物の分析から導き出された考古学の研究成果は有効な材料となる。特に、文献史料が残されていない場合は、それは顕著となる。この演習では、その考古資料の見方を学ぶと同時に、「もの資料」である考古資料から信仰や祭りといった精神的な営みを探る方法について理解を深めることを目的とする。
 3年生は、神道考古学の提唱者である大場磐雄博士の代表的な著作『古典と考古学』をテキストとして取り上げ、テキスト内の論文を、自らの関心に近い内容選び分担して講読する。講読に当たっては、随時、教員から解説を加え、神道考古学の基本的な用語・考え方を理解する。その上で、自らのテーマを決定し、中間リポートを作成する。
 4年生は、自らのテーマに沿って資料を作成・発表し、演習リポートを作成する。

到達目標

【知識・理解】
・考古学の用語や図面、考古資料の性格について説明できる。
・神道(祭祀)考古学に関する用語を使い自分の関心のある事項を説明できる。
【思考・判断】
・考古資料などの「もの資料」「絵画資料」などと、祭祀・信仰に関する史料を結びつけて考察し、自らの考え方を述べることができる。
【関心・意欲】
・民俗行事や文化財への関心を持ち、現地で調べる。
・地域の神社や遺跡に関心を持ち、現地で調べる。
【技能・表現】
・考古資料(遺物・遺構)から年代や機能などに関する情報を読み取ることができる。
・発掘調査報告書の内容を理解し、そこから必要な情報を読み取ることができる。

授業計画

第1回 自己紹介・ガイダンス、『古典と考古学』の講読分担説明
第2回 考古資料の見方(1)、考古資料の用語説明、資料館見学、『古典と考古学』の講読分担
【準備学習 60 分】
⇒講読テキストを、事前に目を通し、自分が希望する箇所を2箇所以上決めておく。また、講義資料に事前に目を通しておく。
第3回 考古資料の見方(2)、土器の分類と編年
【準備学習 30 分】
⇒講義資料に事前に目を通しておく。
第4回 考古資料の見方(3)、発掘調査報告書の読み方、考古資料の利用方法
【準備学習 30 分】
⇒講義資料に事前に目を通しておく。
第5回 教員の研究発表
【準備学習 30 分】
⇒講義資料に事前に目を通しておく。
第6回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第7回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第8回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第9回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第10回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第11回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第12回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第13回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第14回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第15回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第16回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第17回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第18回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第19回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第20回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第21回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第22回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第23回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第24回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第25回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第26回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第27回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第28回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第29回 演習発表
【準備学習 60 分】
⇒発表準備など
第30回 全体まとめ
【準備学習 60 分】
⇒一年間のふり返り。
授業計画の説明 演習の発表は、3年生から始めます。4年生は、現在進めている研究を12月頃までにまとめる方向で資料作成と発表をしてください。講読テキストはコピーを配布します。
また、講義資料は、事前にデータをK-SMAPYにアップしますので、事前にダウンロードし、演習に持参してください。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

配布する購読テキストを事前に目を通し、自らの関心とどの部分が一致するか考え、研究の方向性を模索しましょう。また、参考文献としてあげた文献、さらにそこで引用している文献も読み、自らの研究を深めましょう。

受講に関するアドバイス

神道・神社の歴史、日本文化の起源の探究など、自ら問題意識をもって演習に参加してください。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
リポート(単位論文) 50% 史料以外の考古資料などを使用し、神社・祭祀、仏教信仰などに関して自らの論を述べることができる。
平常点 50% 演習への積極的な参加。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

講読の資料は、必要に応じて配布する。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
『古典と考古学』 大場磐雄 雄山閣
『日本古代の祭祀考古学』 笹生衛 吉川弘文館
『神仏と村景観の考古学』 笹生衛 弘文堂
『神と死者の考古学』 笹生衛 吉川弘文館

オフィスアワー

金曜日3限、火曜日6限