國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
宗教考古学1 笹生 衛

免許・課程

資格課程

神職課程

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 金曜 5時限 2 2

講義概要

授業のテーマ

考古資料から古代の信仰と神道の起源を考える

授業の内容

文字資料が殆ど存在しない弥生時代から古墳時代、中でも神祇祭祀と密接に関係する古墳時代の信仰・祭祀の具体的な様子について考古資料から考える。また、古墳時代の祭祀と奈良・平安時代の神祇祭祀とは、どの様な関係にあるのかについても併せて考え、神社や神道信仰の起源を考古資料から考察する。

到達目標

【知識・理解】
・弥生・古墳時代における信仰関連の遺物・遺跡について概説的な説明ができる。
・弥生・古墳時代における信仰・祭祀の変遷について、概説的な説明ができる。
【思考・判断】
・考古学の「もの資料」と、人間の信仰を結びつけ、信仰・宗教の歴史を読み取ることができる。
【関心・意欲】
・民俗行事や文化財への関心を持つ。
・地域の遺跡の立地と変遷に関心を持ち、現地で調べる。
【技能・表現】
・遺構・遺物の実測図、土器編年など、考古資料の見方・意味を理解できる。

授業計画

第1回 考古学から考える信仰・祭祀・宗教。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第2回 考古学資料の概説(1)。遺跡とは何か。遺物・遺構とは何か。そこから何を読み取るかを考える。景観の復元まで視野に入れて考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第3回 考古学資料の概説(1)の続き。遺物・遺構を組み合わせた景観の復元まで視野に入れて考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第4回 考古学資料の概説(2)遺構・遺物の変遷、土器編年の考え方。考古学では、いかに年代を決定するのか。その時、重要な役割を果たす土器・陶磁器の編年について、弥生時代から室町時代まで概観する。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第5回 神道(祭祀)考古学の視点。大場磐雄が提唱した「神道考古学」について概要を紹介しながら、現代的な視点での再検討について考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第6回 宗像沖ノ島祭祀遺跡と列島の祭祀遺跡(1)。特に、平成29年度に世界遺産登録を目指している宗像沖ノ島祭祀遺跡について、現地調査の資料をふまえ新しい解釈も紹介しながら概説する。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第7回 宗像沖ノ島祭祀遺跡と列島の祭祀遺跡(2)。5世紀代に明確化する祭祀遺跡の概要と、そこから復元できる祭祀の構造について考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第8回 神籬と神宮。古代祭祀でよく使われる「神籬」。その実態は何か。最新の考古資料と古代文献から考え、神宮の成立についても考察する。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第9回 弥生の神殿論。弥生時代に、本当に神殿は存在したのか。その論争の舞台となった大阪府の池上曽根遺跡の概要を紹介しながら、弥生時代から古墳時代への宗教の変遷について考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第10回 古代の海辺の生活と祭祀。古代漁撈と祭祀。千葉県、房総半島で発掘調査された古墳時代の海辺の集落遺跡の分析を通して、古代漁撈の実態にせまる。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第11回 鹿島神宮と安房の祭祀遺跡(1)。次回と併せて、古代の神郡と神社の関係に焦点を当てる。この回は、茨城県鹿島神宮周辺での発掘調査の成果から、鹿島神宮の成立と神郡について考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第12回 鹿島神宮と安房の祭祀遺跡(2)。この回では、千葉県南房総の祭祀遺跡の分布から安房坐神社と神郡、安房郡の成立過程を跡づける。神郡の意味と歴史的な背景についてもまとめを行う。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第13回 祭祀遺跡から見た古代の出雲。出雲大社境内の発掘調査など、最近の出雲地方における考古学研究の成果を紹介し、水への信仰との関連を伊勢の事例と比較しながら考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第14回 古代の亀卜・卜甲と卜部。占い・神意の判定に重要な役目を果たす卜骨・卜甲。その変遷と古墳時代後期の祭祀との関係、さらには卜部との関係について、考古資料を中心に考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
第15回 火山祭祀の系譜。富士山などの噴火に対して、古代の日本列島に生活した人々は、いかに対処してきたのか。また、その中で祭祀や信仰は、どのような役割を果たしたのか。古代の文献と祭祀遺跡の立地から考える。
【準備学習 30 分】
⇒講義資料を事前に確認し、概要を把握しておく。
授業計画の説明 主に弥生時代から古墳時代の祭祀の実態を、考古学の「もの」資料、遺跡から復元できる「景観」から、具体的に考えます。特に、従来、定説的に語られる古代の「依代」と神の関係、「神社の起源」について、再検討してみたいと思っています。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

各時間ともに講義資料をアップするので、事前にダウンロードし内容に目を通しておいてください。

受講に関するアドバイス

写真や図面をパワーポイントで示しながら講義を進めます。講義内容は、配布プリントに書き込んでおく予定です。講義中は、写真・図面をできるだけ観察し、その意味や見方など不明な点は積極的に質問してください。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
リポート(単位論文) 100% 古墳時代の信仰・祭祀の流れが、講義内容を反映させて系統的に説明できる。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 成績評価は、講義への出席が前提で、リポートの内容は、講義内容を反映したものとします。講義内容を反映していないリポートは、評価の対象外とします。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

特に指定しない。授業時に資料プリントを配布する。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
日本古代の祭祀考古学 笹生 衛 吉川弘文館
神と死者の考古学 笹生 衛 吉川弘文館

オフィスアワー

金曜日3限、火曜日6限