國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
演習1(2) 田原 裕子

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 後期 火曜 6時限 2 2

講義概要

授業のテーマ

人口減少社会における社会保障とまちづくり

授業の内容

教員による講義ではなく、履修者による報告とディスカッションが中心である。具体的には、
1)教科書の講読を通じて、戦後の日本の人口変動とその地域性を理解する。
2)新聞記事報告を通じて、社会保障や地域における具体的な問題に関心を持つ
2)地域経済、地域社会にかんする現地調査研究を体験する。

到達目標

2年半のゼミでの学修の土台を固めることが目標である。そのために、

・ 日本の人口動態や社会保障、地域問題について入門レベルの基礎知識を身につける
・ テキストを正確に理解し、他者にわかりやすく説明できる
・ (初歩的な)統計データを論理的に分析できる
・ 自分の考えを論理的に他者に伝えることができる
・ 与えられた課題を主体的・積極的に取り組むことができる
・ 他者の意見を聞き、一緒に作業できる

ようになることを目標とする。

授業計画

第1回 ガイダンス 
【準備学習 30 分】
⇒ゼミで学びたい事項について、自分なりの問題意識についてまとめる
第2回 教科書・新聞記事報告 1
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第3回 教科書・新聞記事報告 2
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第4回 現地調査ガイダンス
【準備学習 180 分】
⇒代官山についての基礎学習
第5回 現地調査
【準備学習 360 分】
⇒現地調査の実施
第6回 教科書報告 3
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第7回 現地調査の結果の検討
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第8回 教科書・新聞記事報告 4
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第9回 現地調査の結果の中間報告
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第10回 教科書・新聞記事報告 5
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第11回 教科書・新聞記事報告 6
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第12回 教科書・新聞記事報告 7
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第13回 教科書・新聞記事報告 8
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第14回 現地調査の報告
【準備学習 180 分】
⇒レジュメ作成
第15回 まとめ
授業計画の説明 教科書報告は分担制ではなく、全員が読み、レジュメを準備してもらう。当日は適宜、指名し、内容の報告を行う。現地調査については、代官山を事例地域として回遊性やまちづくりに関する調査を体験する。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

受講に関するアドバイス

ゼミは毎回出席し、課題に取り組むことで力がつきます。また、この時間以外に、火曜日の4,5限に開講されている3年生、4年生の演習にも参加してもらいます。2年後期から開講のメリットを活かして、1つ上、2つ上の先輩とも交流を深めてください。大学で「これを勉強した」という達成感を得たい学生向きです。なお、当ゼミの開講形態は、演習Ⅱ(3年)、演習Ⅲ(4)(4年通年)、演習Ⅳ、演習Ⅱ・演習Ⅲスプリングセミナーとなっています。就活、卒業論文までしっかり学ぶゼミです。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 報告の内容(レジュメを含む)、ほかの人の発表やディスカッション・ディベートにおける質問や意見の内容と活発さ、グループ研究(地域調査)における貢献度によって総合的に評価します。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 毎回の出席が大前提です。やむを得ない事情がある場合でも欠席が1/3を超える場合は評価の対象としません。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

宮本みち子:人口減少社会のライフスタイル 放送大学教材

参考になるウェブページ

代官山ホームページ内 代官山大学http://www.daikanyama.ne.jp/dsi/entry/20150503.html

オフィスアワー

火曜日 12:00~12:50