國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
歴史考古学1 青木 敬

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 木曜 3時限 2 2

講義概要

授業のテーマ

飛鳥時代・奈良時代の宮都と官衙

授業の内容

都城、官衙、寺院など、律令国家を象徴する施設は、長年にわたる発掘調査の成果による研究の進展が著しい。本講義では、これら調査研究の最前線を近年の発掘調査成果を交えつつ紹介し、その上で律令国家の形成でとくに重要な飛鳥時代と奈良時代、すなわち7~8世紀の時代像について対外関係も視野に入れながら提示してみたい。具体的には、政治の中心であった都はもちろんのこと、各地の国府や郡衙といった支配機構や、中央と地方とを結びつける生産・流通、などについても言及する。とりわけ、都と各地との比較検討という観点を意識しつつ講義を進めていきたい。

到達目標

【知識・理解】律令国家を体現する都城・官衙について、具体的な遺跡・遺構・遺物を用いて説明できる。
【思考・判断】律令国家の成立・展開から衰退までの歴史を考古資料を用いてあとづけることができる。
【関心・意欲】現在まで残されている都城・官衙遺跡を訪ね、実際の遺跡を踏査する。

授業計画

第1回 歴史考古学を学ぶということ(ガイダンス)
【準備学習 40 分】
⇒教科書の「Ⅰ.古代官衙の研究」を読んでおく。
第2回 古墳時代の有力者居宅から古代官衙へ
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「1古墳時代の居宅」を読んでおく。
第3回 飛鳥時代の宮殿と官衙(1)
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「2飛鳥時代の宮殿と官衙」の前半を読んでおく。
第4回 飛鳥時代の宮殿と官衙(2)
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「2飛鳥時代の宮殿と官衙」の後半を読んでおく。
第5回 藤原京の成立
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「3藤原京の成立と官衙」の1~4を読んでおく。
第6回 藤原宮―日本初の瓦葺き宮殿―
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「3藤原京の成立と官衙」の1~4を読んでおく。
第7回 藤原宮・藤原京の官衙
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「3藤原京の成立と官衙」の5~8を読んでおく。
第8回 平城京遷都
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「4平城京と官衙」の1~2を読んでおく。
第9回 平城宮の構造と官衙
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「4平城京と官衙」の3を読んでおく。
第10回 平城京の官衙
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「4平城京と官衙」の4を読んでおく。
第11回 長岡京・平安京と官衙
【準備学習 30 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「5長岡京と平安京の官衙」を読んでおく。
第12回 評衙から郡衙へ
【準備学習 30 分】
⇒教科書の「Ⅲ.地方官衙」のうち「5郡衙」を読んでおく。
第13回 国府の成立と展開
【準備学習 30 分】
⇒教科書の「Ⅲ.地方官衙」のうち「4国府」を読んでおく。
第14回 古代の土器・土製品
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「4平城京と官衙」の7を読んでおく。
第15回 官衙と陶硯
【準備学習 20 分】
⇒教科書の「Ⅱ.中央官衙」のうち、「4平城京と官衙」の8を読んでおく。
授業計画の説明 講義内容の概要をまとめたプリントを配布する。なお電子媒体(PDF版)による配布なので、プリントアウトして出力の上、毎回持参すること。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

律令国家や国府などを理解するには、参考文献などを味読し、辞書・事典などで用語の理解を深めておくこと。また、博物館をはじめとした展示施設で考古資料を実見することも理解の大きな助けになるので、遺跡踏査は無論のこと、博物館や資料館にも積極的に足を運び、実物資料に親しんでほしい。

受講に関するアドバイス

古代の文献資料を引用することが多いので、漢文の知識も必要となる。授業で取り扱う対象は広範囲であるため、高校日本史B程度の知識を有することが望ましい。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
期間内試験 100% 講義内容の理解度を確認するために試験をおこなう。授業時配布のプリントおよびノート持ち込み可。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

江口桂・青木敬ほか『古代官衙』考古調査ハンドブック11、ニューサイエンス社、2014年。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
飛鳥から藤原京へ 木下正史・佐藤信編 吉川弘文館 古代の都1
平城京の時代 田辺征夫・佐藤信編 吉川弘文館 古代の都2
恒久の都平安京 西山良平・鈴木久男編 吉川弘文館 古代の都3
飛鳥むかしむかし 国づくり編 奈良文化財研究所編 朝日新聞出版 朝日選書950

参考になるウェブページ

奈良文化財研究所HP
http://www.nabunken.go.jp/

オフィスアワー

木曜2限、金曜2・5限