國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
考古学調査法 谷口 康浩

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 通年 火曜 5時限 23 4

講義概要

授業のテーマ

遺跡発掘調査の基本を学ぶ

授業の内容

夏季休暇中におこなう先史時代遺跡の発掘を通じて、遺跡調査の基本的な方法を実習する。調査対象は群馬県吾妻郡長野原町にある居家以(いやい)岩陰遺跡。縄文時代・弥生時代の遺物が出土し、獣骨・人骨等もよく保存されている。
この授業の目的は、単に遺跡を掘る技術・作業を学ぶことではなく、調査の目的と方法を構想・計画するリサーチ・デザインの段階から、発掘調査の結果を報告書にまとめるまでの一連の作業を通して、遺跡調査の考え方と方法を習得することにある。発掘実習においても、土器や石器を収集することだけが目的ではなく、遺跡を取り巻いていた古環境や年代、その場所での人間行動や遺跡形成過程などについての情報を目的的に集め、総合的に遺跡と過去の人間の活動を理解することに主眼が置かれる。
遺跡の発掘調査は考古学研究の出発点となる学術的行為であるが、遺跡破壊につながる行為でもあることを忘れてはならない。実習生が主体となって遺跡発掘調査の意味を真剣に考え、それに必要な資質を身につけることがこの授業のもっとも重要な目的である。

到達目標

1) 遺跡発掘調査の基本的な方法と技術を学び、実際の発掘現場で実践できる。
2) 出土遺物の観察・分類・実測等の整理作業ができる。
3) 発掘調査報告書の作成に関わる一連の整理・編集作業を実践できる。

授業計画

授業計画 1)前期の授業計画
・遺跡調査の基礎知識
  遺跡とは何か、発掘調査とは何か(ディスカッション)
  文化財保護法と埋蔵文化財調査の手続き
  グリッド法の発掘と記録法
・発掘調査の計画と準備
  調査対象遺跡および地域についての予備学習
  発掘用器材・用品の準備
・実技の練習
  各時代の土器の分類、実測
  基本的な測量技術、写真撮影の練習
2)発掘実習
・群馬県居家以岩陰遺跡の発掘調査
3)後期の授業計画
・出土遺物、記録類の整理作業
・発掘調査報告書の作成

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

前期は、発掘調査に備えて、①遺跡調査に関する一般的知識、②調査対象遺跡および地域に関する基礎知識、③今年度の発掘調査の計画、④さまざまな発掘器材と使用法、⑤土器・石器の観察・分類・実測法などを勉強するとともに、発掘調査の準備作業を進める。
夏季休暇中に実施する10日間程度の発掘調査に参加し、一連の現場作業を体験しながら、考古学調査の基本を実習する。
後期は、出土遺物・記録類の整理作業をおこない、発掘調査報告書を作成する。出土遺物の整理作業から、報告書の章立て・執筆・編集までを実習生が主体的におこないながら、さまざまな専門的スキルを習得する。

受講に関するアドバイス

前期には発掘調査に向けた勉強会、器材練習などがある。後期の整理作業も授業時に加えて作業日を決めて考古学実習室でおこなう。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 発掘調査の準備学習(前期)、遺跡発掘調査(夏季休暇中)、整理作業・報告書作成(後期)の一連の課題への主体的・積極的取組、および理解度・習熟度を総合的に評価する。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

とくに使用しない。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
縄文文化起源論の再構築 谷口康浩 同成社
発掘調査のてびき 集落遺跡発掘編 整理・報告書編 奈良文化財研究所編 同成社
発掘調査のてびき 各種遺跡調査編 文化庁文化財部記念物課監修 同成社
考古学調査研究ハンドブックス 岩崎卓也・菊池徹夫・茂木雅博編 雄山閣
考古学ハンドブック 小林達雄編 新書館
考古学の基礎知識 広瀬和雄編 角川選書
必携 考古資料の自然科学調査法 齋藤努監修 ニューサイエンス社
図録 石器の基礎知識 加藤晋平・鶴丸俊明 柏書房
環境考古学マニュアル 松井章編 同成社
動物考古学 松井章 京都大学学術出版

参考文献コメント

その他、授業時に適宜紹介します。

参考になるウェブページ

考古学研究室のウェブページで最近の考古学実習の概要が見られます。

オフィスアワー

火曜4限・7限