國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
考古学特殊講義 阿部 常樹

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 水曜 3時限 234 2

講義概要

授業のテーマ

近世動物考古学の研究成果

授業の内容

動物は、食材、道具の材料、使役用、愛玩用などさまざまな形で我々の生活に関係している。つまり、人間の歴史や文化になかで他の動物との関係性は重要であるといえる。また、現代において一般的に日本文化として知られているほとんどのものは近世に成立したものが多く、動物に関連する事象でも、魚貝類の多くが食材として用いられている「和食」や日本犬種の成立などその例に漏れない。そこで、本講義では遺跡から出土する貝殻や骨など動物の身体に関わる遺物を研究対象としている動物考古学的分野から日本の歴史や文化、特に近世を中心にみていきたい。

到達目標

1.日本の歴史における人と動物の関係性が理解できる。
2.日本の文化における動物の位置づけについて理解できる。
3.歴史時代研究における考古学分野の役割が理解できる。

授業計画

第1回 ガイダンス
本講義に関する説明
【準備学習 0 分】
⇒特になし。
第2回 動物考古学研究法(1)
本講義の中心となる動物考古学分野の分析方法などの講義をおこなう。
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第3回 動物考古学研究法(2)
第2回に引き続き、動物考古学の分析方法などの講義をおこなう。
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第4回 動物と日本文化(1) イノシシとブタ
「動物と日本文化」では、人によるそれぞれの動物の扱わられ方の変化を動物考古学の研究成果から概観する。特に現在の日本人の動物観が確立したであろう近世を中心におこなう。
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第5回 動物と日本文化(2) ウマ・ウシ
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第6回 動物と日本文化(3) イヌ・オオカミ
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第7回 動物と日本文化(4) ネコ
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第8回 動物と日本文化(5) そのほかの哺乳類
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第9回 動物と日本文化(6) 鳥類
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第10回 人骨からわかること(1)
「人骨からわかること」では、出土した人骨から解明されてきた歴史を近世を中心にみていく。
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第11回 人骨からわかること(2)
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第12回 近世江戸の食文化(1)
「近世江戸の食文化」では近世江戸の食文化について考古学の成果から講義をおこなう。特に動物性食料の面に焦点をあてる。
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第13回 近世江戸の食文化(2)
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第14回 近世江戸の食文化(3)
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。
第15回 まとめ
【準備学習 60 分】
⇒「授業時間外の学習方法」を参照してください。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

参考文献などを事前に読んでおくことをお勧めします。また、講義後は、しっかり復習をおこなってください。講義内容が相互に関連しているため、予習という側面も兼ねています。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 講義の理解度や取り組みの程度。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 各講義の最後15分程で、その日の内容についてまとめてもらう。そのレポートから、講義への理解度や取り組みの程度を抽出して評点する。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

なし

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
事典 人と動物の考古学 西本豊弘 新美倫子 編 吉川弘文館
事典 江戸の暮らしの考古学 古泉弘 編 吉川弘文館
考古学と動物学 西本豊弘 松井章 編 同成社