國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
考古学各論5(2) 古谷 毅

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 金曜 5時限 12 2

講義概要

授業のテーマ

古墳時代研究の特質と課題

授業の内容

古墳時代の概説を行う。古墳時代研究は近世・近代以来の研究史の中で、方法と方向性が時代の思想・動向や文献史学・民族学研究の進展によって大きく影響されてきた。この点を踏まえ、研究の基礎となる文化要素と研究史の主な論点を整理する。また、その特質と成果を日本考古学および日本古代史において位置づけ、海外の研究との影響関係も検討する。なお、博物館における展示資料の見学、および論文レポートの提出も実施する。

到達目標

日本考古学における古墳時代研究の位置を確認しながら、古墳文化の特質を理解し、当時の社会を復元する考古学的方法を学ぶ。

授業計画

第1回 研究の視角-古墳時代の社会と空間構成-
第2回 古墳時代研究史
第3回 古墳文化の変遷1(前半期)-古墳の変遷と分布-
第4回 古墳文化の変遷2(後半期)-埋葬施設と副葬品の変化-
第5回 古墳の内部構造 -埋葬施設と儀礼-
第6回 古墳の外部構造 -周濠・葺石と埴輪-
第7回 副葬品論  -葬送儀礼の復元-
第8回 第4空間論 -政治的空間の発達-
第9回 群集墳論  -古墳・古墳群と社会構成-
第10回 社会構成論 -家族と同族の成立-
第11回 騎馬民族論 -古墳文化と渡来文化-
第12回 原始・古代文化と文字
第13回 博物館見学
第14回 総括
第15回 筆記試験

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

参考文献などの関連図書の当該箇所を参照し、随時、辞典・事典でキーワードを確認しながら予習・復習する。

受講に関するアドバイス

考古学は歴史学の一部ですが、とくに古墳時代は大陸に文献記録が残されており、文献史学の基本的な史料・研究成果も事前に整理しておいてください。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
授業時試験 75% 記述式等回答内容
平常点 25% 論文レポート20%、その他5%

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 ①論文レポート(400字詰原稿用紙4~5枚相当)等と、②筆記試験により評価。他に受講姿勢等も加味して評価する。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

特になし

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
『日本考古学講座』5(古墳文化) 後藤守一編 河出書房
『世界考古学大系』3(日本Ⅲ) 小林行雄編 平凡社
『日本の考古学』4(古墳時代上) 近藤義郎・藤沢長治編 河出書房新社
『古墳時代の研究』第1・7・8・12・13巻 白石太一郎他編 雄山閣出版
『考古学雑誌』第82卷第3号(100周年記念特集Ⅲ) 日本考古学会編 日本考古学会 日本考古学における型式学「4.古墳時代(1)~(3) 」
『考古学ハンドブック』 小林達雄編 新書館 「日本考古学史」
『古墳時代 美術図鑑』(別冊 太陽246) 古谷毅編 平凡社 「概説 古墳時代の歴史」「第1~3・5章」

参考文献コメント

各項目の必要論文は随時指示するほか、最新の研究動向を紹介する。

オフィスアワー

金:7限