國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
考古学各論4(2) 寺前 直人

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 後期 金曜 2時限 12 2

講義概要

授業のテーマ

弥生時代における文化の変容

授業の内容

 この授業の目的は、日本列島における外来文化受容期である弥生時代における文化変容を学ぶことをとおして、文明受容の歴史的意義を理解することを目的とする。日本列島における水稲農耕受容期である弥生時代以降、日本列島の人々は大陸の高度な文化要素を受容し、古代国家へと至る文明化を遂げたと考えられている。
 とくに水田稲作以後の金属の導入とそれにともなう東アジア諸地域との交流頻度の増加は、技術的発展と集団間の物理的対立を乗り越え、生存していくための社会的、政治的、軍事的システムの導入と形成の進度を加速させた。本講義ではその過程について、縄文時代の伝統と古墳時代への発展も念頭におきつつ、考古資料をもちいて実証的に論じる。

到達目標

弥生時代における社会発展の過程について、具体的資料をあげて説明することができる。

授業計画

第1回 講義計画のガイダンス
【準備学習 10 分】
⇒シラバスの熟覧
第2回 研究史1
【準備学習 30 分】
⇒第一回紹介参考文献の通読
第3回 研究史2
【準備学習 30 分】
⇒第二回紹介参考文献の通読
第4回 弥生時代併行期の東アジア
【準備学習 30 分】
⇒第三回紹介参考文献の通読
第5回 弥生時代における金属器の導入1
【準備学習 30 分】
⇒第四回参考文献の通読
第6回 弥生時代における金属器の導入2
【準備学習 120 分】
⇒実物資料の実見と観察
第7回 金属器の地域的展開1
【準備学習 30 分】
⇒前回の復習
第8回 金属器の地域的展開2
【準備学習 30 分】
⇒前回の復習
第9回 金属器の地域的展開3
【準備学習 30 分】
⇒前回の復習
第10回 武器と弥生社会1
【準備学習 120 分】
⇒実物資料の実見と観察
第11回 武器と弥生社会2
【準備学習 30 分】
⇒前回の復習
第12回 武器と弥生社会3
【準備学習 120 分】
⇒実物資料の実見と観察
第13回 古墳時代への胎動1
【準備学習 30 分】
⇒前回の復習
第14回 古墳時代への胎動2
【準備学習 30 分】
⇒前回の復習
第15回 達成度の確認
【準備学習 200 分】
⇒これまでの講義内容の復習

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
授業時試験 60% 弥生時代における金属器導入過程、その地域差、武器と社会の関係、古墳時代への発展過程、を理解し、説明できる。
平常点 40% 毎回の授業でコメントペーパーを提出する。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

とくになし。