國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
考古学概論1 青木 敬

免許・課程

資格課程

博物館学課程

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 金曜 3時限 1 2

講義概要

授業のテーマ

考古学の方法論

授業の内容

考古学は分類する学問である。モノどうしの違いや共通性などを把握し、そこからモノを分類し、分類できる理由と必然性とを説明し、過去の人類の営為について考察する。人類が残した過去の物質的資料すべてが対象となるため、考古学の研究対象は多岐にわたる。本授業では、膨大な考古資料を系統立てて論述する上で欠かすことのできない、考古学スルために必要な方法論の基本を紹介し、考古資料の見方・考え方、さらには考古学に隣接する研究分野とのかかわりについて学ぶ。あわせて考古学が置かれている現状について、埋蔵文化財行政の役割や体制についても解説し、日本で考古学的な調査をおこなう際の現行の法制度やその運用についても考える。

到達目標

【知識・理解】
①考古学に必要な方法論を習得する。
②考古学の基本的な専門用語およびその意味を理解する。
③考古学的なモノの見方、考え方の基本を理解する。
【思考・判断】
考古学の果たすべき学問的・社会的役割について説明できる。
【関心・意欲】
博物館を訪れて本物の考古資料を実見し、考古学の世界を肌で感じる。

授業計画

第1回 考古学とはなにか
【準備学習 30 分】
⇒下記参考文献を参照し、考古学の定義について調べておく。
第2回 考古資料とはなにか―遺跡・遺構・遺物―
【準備学習 60 分】
⇒浜田耕作『考古学入門』講談社学術文庫17、1976年、を読んでおく。
第3回 時代区分・時期区分
【準備学習 30 分】
⇒勅使河原彰「時代区分論」『日本考古学を学ぶ(1)〔新版〕』、有斐閣選書、1988年、を読んでおく。
第4回 考古資料の3分類―機能・編年・分布―
【準備学習 60 分】
⇒V・G・チャイルド(近藤義郎・木村祀子訳)『考古学とは何か』岩波新書(青版)703、1969年、を読んでおく。
第5回 型式・形式・様式
【準備学習 30 分】
⇒田中琢「型式学の問題」『日本考古学を学ぶ(1)〔新版〕』、有斐閣選書、1988年、を読んでおく。
第6回 年代決定の方法(1)―飛鳥時代・奈良時代―
第7回 年代決定の方法(2)―古墳時代―
第8回 考古資料の解釈と方法―学史から読みとく―
第9回 考古学と周辺諸科学(1)―人類学・民族学・民俗学―
【準備学習 30 分】
⇒鈴木公雄『考古学入門』、東京大学出版会、1988年、の第4章を読んでおく。
第10回 考古学と周辺諸科学(2)―地理学・保存科学―
第11回 考古学の調査と記録
【準備学習 40 分】
⇒鈴木公雄『考古学入門』、東京大学出版会、1988年、の第3章を読んでおく。
第12回 発掘調査報告書
第13回 日本における埋蔵文化財行政
第14回 考古学と社会とのかかわり―被災地の復興と遺跡調査―
第15回 海外の考古学
授業計画の説明 授業内容の概要をまとめたプリントを配布する。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

下記参考文献は一読しておいてほしい。また、専門性の高い用語や人名などは、『図解考古学辞典』(東京創元社)、『日本考古学事典』(三省堂)をはじめとした辞書・事典類にあたって調べておくと、授業を理解する上で大きな助けとなるので、これら書籍を積極的に活用してほしい。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
期間内試験 100% 講義内容の理解度を確認するために試験をおこなう。配布プリントおよびノート持ち込み可。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

講義内容の概要をまとめた資料を配布する。なお、資料は電子媒体(PDF版)による配布とするので、各自出力の上、授業に持参すること。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
考古学とは何か V・G・チャイルド著、近藤義郎・木村祀子訳 岩波書店 岩波新書(青版)703
考古学入門 鈴木公雄 東京大学出版会
考古学入門 浜田青陵 講談社 講談社学術文庫17
日本考古学を学ぶ 大塚初重・戸沢充則・佐原眞編 有斐閣 (1)~(3)〔新版〕、有斐閣選書

参考になるウェブページ

文化庁HP
http://www.bunka.go.jp/
なぶんけんブログ 東日本大震災復興支援
http://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/cat109/

オフィスアワー

木曜2限、金曜2・5限