國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
史学応用演習(考古学) 青木 敬

免許・課程

教職課程

中学社会免許,高校地理歴史免許

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 通年 金曜 4時限 4 4

講義概要

授業のテーマ

歴史考古学研究の現状と課題

授業の内容

古墳時代および古代(飛鳥時代・奈良時代・平安時代)における考古学的研究の成果ならびに今後の研究課題を把握する。そのために、先行研究論文の講読を通して、受講生が論文を戦略的かつ批判的に読む技術をより確かなものへとステップアップさせることを目指す。さらに、考古学研究の方法論やその特徴について、各自が設定した卒業論文の研究課題にかかわる先行研究を読解し、これまでの研究で到達した成果をまとめる。そこから研究の課題を見つけ出し、卒業論文の骨格となる論点およびその展開方法に解を求めていく。

到達目標

【知識・理解】
卒業論文のテーマに関連した研究史を把握し、成果と課題を提示できる。
【思考・判断】
①卒業論文を作成するために必要となる方法論を見出す。
②自らの研究内容について、聞き手に要点が明確に伝わるプレゼンテーションをおこなう。

授業計画

第1回 ガイダンス―演習の目的と進め方の説明・文献リストの配布―
第2回 論文講読のテーマと発表順の決定
古墳研究の現在
第3回 古代都城・官衙と考古学
第4回 研究方法の検討(1)
第5回 研究方法の検討(2)
第6回 研究方法の検討(3)
第7回 研究方法の検討(4)
第8回 研究方法の検討(5)
第9回 研究方法の検討(6)
第10回 研究方法の検討(7)
第11回 研究方法の検討(8)
第12回 研究方法の検討(9)
第13回 研究方法の検討(10)
第14回 研究方法の検討(11)
第15回 研究方法の検討(12)
第16回 卒業論文構想発表(1)
第17回 卒業論文構想発表(2)
第18回 卒業論文構想発表(3)
第19回 卒業論文構想発表(4)
第20回 卒業論文構想発表(5)
第21回 卒業論文構想発表(6)
第22回 卒業論文構想発表(7)
第23回 卒業論文構想発表(8)
第24回 卒業論文構想発表(9)
第25回 卒業論文構想発表(10)
第26回 卒業論文構想発表(11)
第27回 古代寺院研究と考古学
第28回 演習のまとめ(1)
第29回 演習のまとめ(2)
第30回 演習のまとめ(3)
授業計画の説明 発表を担当する受講生は発表を準備するだけでなく、参考文献を事前に提示すること。受講生は事前に提示された参考文献を必ず読んでおくこと。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

卒業論文で研究対象とする考古資料についての先行研究や、類例を収載する発掘調査報告書の収集ならびに分析作業を随時進めておくこと。

受講に関するアドバイス

①論文購読および卒業論文の構想では、それぞれ2回以上の発表が必須である。
②研究史を丹念に把握していくことが、充実した卒業論文へと結実する。そのためにも、演習時に提示する文献リスト所収の論文を精読するだけでなく、興味をもった研究対象の先行研究を網羅的に読解するといった、日頃から論文作成の準備を適宜おこなうこと。
③考古学の方法論や研究の論点などを自ら学び取っていく姿勢を身につけてほしい。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 演習発表で課題に対して適切な発表内容であるか。
質疑・討論に積極的に参加し、自分の意見・コメントを述べることができるか。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 7割以上の出席が必須。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

特になし。必要に応じてプリントを配布する。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
古墳 土生田純之 吉川弘文館 歴史文化ライブラリー319
古代の地方官衙と社会 佐藤信 山川出版社 歴史文化ライブラリー319
古代地域社会の考古学 坂井秀弥 同成社
古墳時代研究の現状と課題 土生田純之・亀田修一編 同成社 〈上〉・〈下〉

オフィスアワー

木曜2限、金曜2・5限