國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
史学展開演習2(考古学) 青木 敬

免許・課程

教職課程

中学社会免許,高校地理歴史免許

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 後期 木曜 4時限 3 2

講義概要

授業のテーマ

古墳時代・古代の考古学とその研究方法(2)

授業の内容

史学展開演習2では、受講生が卒業論文作成へむけて自ら設定した研究テーマにもとづいた研究発表をおこなう。中心となるのは、受講生が卒業論文作成へむけて自ら設定した研究テーマにもとづいた発表である。対象とする遺跡・遺構・遺物にかかわる研究史を把握し、研究の課題を見つける。その上で、研究史を考察した発表を通じて、研究に不可欠な方法論を導きだすことで、卒業論文での研究対象の選定から、具体的な研究方法を検討する段階へとステップアップすることを目指す。なお対象とする時代は、古墳時代・古代・中世を中心とする。

到達目標

① 卒業論文作成に向けて研究テーマを設定する。
② 研究テーマにかかわる考古資料の扱い方や提示の方法を身につける。
③ 研究テーマに関連した研究史について批判的かつ建設的な評価を下すことができる。

授業計画

第1回 授業計画と方針の説明、演習のテーマ決定
第2回 批判的かつ建設的な研究史をまとめるには
第3回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(1)
第4回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(2)
第5回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(3)
第6回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(4)
第7回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(5)
第8回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(6)
第9回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(7)
第10回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(8)
第11回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(9)
第12回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(10)
第13回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(11)
第14回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(12)
第15回 卒業論文テーマに沿った発表と質疑応答(13)

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

受講生は、各発表者が提示する参考文献について事前に読んでおくこと。

受講に関するアドバイス

この授業における対象とする時代は、基本的に古墳時代以降とするため、それ以前の時代を学ぼうとする学生は、谷口康浩教授の授業を受講すること。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 演習発表で課題に対して適切な発表内容であるか。
質疑・討論に積極的に参加し、自分の意見・コメントを述べることができるか。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 7割以上の出席が必須。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

特になし。必要に応じてプリントを配布する。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
古墳時代 右島和夫・千賀久 河出書房新社 列島の考古学
倭人争乱 田中琢 集英社 集英社版日本の歴史②
古代日本 国家形成期の考古学 菱田哲郎 京都大学学術出版会 諸文明の起源14
木簡から古代がみえる 木簡学会編 岩波書店 岩波新書(新赤版)1256
古代の都市と条里 条里制・古代都市研究会編 吉川弘文館

オフィスアワー

木曜2限、金曜2・5限