國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
史学基礎演習B 深澤 太郎

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 月曜 5時限 12 2

講義概要

授業のテーマ

考古資料論Ⅰ:編年論・分布論-遺構・遺物の「年代」と「地域性」を探る-

授業の内容

 考古学研究の前提は、モノの時期的(いつの?)・空間的(どこの?)位置付けを理解することです。そこで当演習では、古墳時代以降の遺構・遺物を取り上げて、それらの編年・分布について考えていきます。具体的には、古墳の墳丘・埋葬施設や、墳丘に樹立された埴輪、副葬された鏡、装身具、鉄製武器・武具などを取り扱う予定です。ただし、初回授業時にアンケートを実施しますので、受講者の関心によっては、弥生時代や、古代・中世・近世の資料についても触れていこうと思っています。
 皆さんには、それぞれ関心のある資料について、集成作業(図書館に収蔵されている埋蔵文化財発掘調査報告書などの収集や、遺構・遺物図面の収集)に基づく自分だけの資料集作りと、その編年・分布に関する発表を行ってもらいます。なお、発表の際には、本学博物館の収蔵する実物資料も手に取りながら、資料に対する理解を深めていくことにしましょう。

到達目標

【知識・理解】
 ・考古学研究法の由来や、具体的な実践例について説明ができる。 
【思考・判断】
 ・事実の因果関係に基づき、自らの見解を論理的に説明することができる。
【関心・意欲】
 ・研究対象について、実物・実地で確認しようとする意欲が身に着く。
【態度】
 ・自ら課題を設定し、研究計画を遂行できるようになる。
 ・基礎的な事実についても、原典・原資料に当たって裏をとることに努める。
【技能・表現】
 ・論理的なプレゼンテーションを行うことができる。

授業計画

第1回 ガイダンス(授業の進め方と資料収集法)
第2回 考古学的な論文の読み方
第3回 考古学的な論文の読み方
第4回 発表1:編年論と分布論
第5回 発表2:古墳の編年と分布
第6回 発表3:墳丘と埋葬施設
第7回 発表4:副葬品の概要
第8回 発表5:土師器・須恵器
第9回 発表6:埴輪
第10回 発表7:鏃
第11回 発表8:鏡
第12回 発表9:石製品
第13回 発表10: 農耕具
第14回 発表11:武器・武具・馬具
第15回 レポート提出・講評
授業計画の説明  講義予定の進捗状況を見て、教室外で授業を行う場合があります。日程等については適宜指示します。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

 考古学は、現場とモノから考える学問です。積極的に博物館の展示を見学するなど、「本物」に学ぶ姿勢を身につけましょう。

受講に関するアドバイス

 レポート作成やレジュメ発表が度重なる中で、勉強や研究に行き詰った時は、AMC棟1階の考古学実習室を訪ねて身近な先輩に質問してみましょう。きっと、親身になって相談に乗ってくれるはずです。発掘調査を伴う考古学は、やはり人間関係が基本です。いずれは、皆さんが先輩として後輩を指導することになるのですから、早いうちから僕たちの仲間に加わってくれることを待っています。
 また、主に考古学的な研究法を用いるとはいえ、文献史料の読解や、歴史学・人類学全般の動向と無関係に研究を進めることはできません。課題によっては、海外の研究に目を向ける必要があることにも留意しましょう。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 授業の趣旨が理解できているか。発表と提出物の内容。授業中の発言。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 理由なく担当の発表を行なわなかった場合(提出物の未提出も含む)は「不可」とします。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

特に指定しません。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
『通論考古学』 濱田耕作 雄山閣 大鐙閣1922年版の再版
『考古学-その方法と現状-』 泉拓良・上原真人 放送大学教育振興会
『はじめて学ぶ考古学』 佐々木憲一ほか 有斐閣

参考になるウェブページ

【情報・イベント】
 ・考古学のおやつ:試験・レポート対策非協力宣言サイト (http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/
 ・南河内考古学研究所(http://www.skao.net/
【研究機関等】
 ・縄文学研究室:考古学・文化財学関連リンク集(http://www.jomongaku.net/link/index.html

オフィスアワー

随時(AMC地下の博物館をお尋ねください。)