國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
史学基礎演習C 阿部昭典

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 後期 火曜 2時限 12 2

講義概要

授業のテーマ

考古学からみる日本の歴史

授業の内容

考古学は、遺物や遺構、遺跡の分析から、時間的序列や空間的広がりを把握する基礎的研究を踏まえて、当時の社会や文化の特色、人間の行動や思考を探求する学問です。
 この授業では、先史時代の考古資料を中心とする基礎的分析法を学ぶとともに、社会構造や文化などを復元、解釈するための方法論を学びます。以下の課題のなかから選んだテーマを調べて発表を行い、議論する形で授業を進めます。初回の授業時に、各自の発表テーマを決めて、関連文献リストを配布します。
セトルメント、生業、モニュメント、葬送儀礼、信仰、交流、双分制、婚姻、威信財、階層、戦争、景観、など

到達目標

方法論や資料の性質を理解し、考古資料(モノ)から過去の社会や文化を読み取ることができる。

授業計画

第1回 ガイダンス:授業の概要と進め方
【準備学習 10 分】
⇒考古学について予習する。
第2回 基礎的方法(1):資料の調べ方・集め方
【準備学習 10 分】
⇒資料について予習
第3回 基礎的方法(2):発表の仕方、資料の作り方
【準備学習 10 分】
⇒発表の仕方について予習
第4回 基礎的方法(3):研究方法について
【準備学習 10 分】
⇒研究方法について予習
第5回 演習発表(1)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第6回 演習発表(2)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第7回 演習発表(3)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第8回 演習発表(4)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第9回 演習発表(5)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第10回 演習発表(6)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第11回 演習発表(7)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第12回 演習発表(8)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第13回 演習発表(9)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第14回 演習発表(10)
【準備学習 30 分】
⇒発表の課題に関連する文献を読む
第15回 まとめ
【準備学習 10 分】
⇒これまでの発表内容を復習する
授業計画の説明 授業計画は、状況によって変更する場合もある。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

各授業のテーマに関連する文献を事前に読んでおくこと。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 課題への意欲的取組および授業時の質疑応答・討論への積極的参加を評価する。

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

教科書はとくに指定しない。初回の授業時に推奨する参考文献リストを配布する。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
縄文時代の考古学1~12 小杉康・谷口康浩・西田泰民・水ノ江和同・矢野健一編 同成社
弥生時代の考古学1~9 設楽博巳・藤尾慎一郎・松木武彦編 同成社
縄文人の世界 小林達雄 朝日新聞社