國學院大學 平成29年度SYLLABUS

印刷

科目名 教員名
史学基礎演習B 中村 耕作

開講詳細

開講キャンパス 開講時期 曜日 時限 開講学年 単位数
渋谷キャンパス 前期 月曜 2時限 12 2

講義概要

授業のテーマ

発掘調査報告書を読み解く

授業の内容

受講者の関心のあるテーマ(住まい・ムラ・食料・技術・生産・交易・葬送・祭祀など)を確認した上で、事前に模範的な報告書と短い論文を提示しますので、これを含めて各自で数編の報告書・論文を読み解き、内容を発表してもらいます。

到達目標

1.考古学資料論として:発掘調査報告書を読み解く技術を習得し、考古学資料の特性を理解する。
2.考古学方法論として:分類・編年・分布・比較などの基本的な方法を理解し、簡単な応用できる。
3.演習として:課題に対する適切な発表方法・コメントを行う技術を習得する。

授業計画

第1回 授業の進め方
発表方法の説明とテーマ決定
主要資料の探し方 レファレンスブック・学内の主要な資料配架場所
第2回 考古学資料利用の注意点 発掘から報告書・論文への道のり
第3回 テーマ1-1:居住空間 竪穴住居
第4回 テーマ1-2:居住空間 特殊な建物
第5回 テーマ1-3:居住空間 ムラの立地と構造
第6回 テーマ2-1:環境資源 環境史復元の方法
第7回 テーマ2-2:環境資源 道具の製作
第8回 テーマ2-3:環境資源 道具の使用・調理
第9回 テーマ3-1:社会関係 土器文様の違いとその意味
第10回 テーマ3-2:社会関係 遠隔地交易
第11回 テーマ3-3:社会関係 墓の構造
第12回 テーマ4-1:観念世界 精神文化研究の方法
第13回 テーマ4-2:観念世界 住居空間
第14回 テーマ4-3:観念世界 葬送儀礼
第15回 テーマ4-4:観念世界 呪術具・楽器・装身具

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

授業時間外の学習方法

考古学のモノの見方を養うのは実践が一番です。各地の博物館、資料館を訪ね、自分なりの「分類」を試みてみましょう。

成績評価の方法・基準

評価方法 割合 評価基準
平常点 100% 発表内容・発表姿勢50%、他の発表への参加25%、小レポート等25%

※すべての授業に出席することが原則であり、出席自体は加点の対象になりません。


注意事項 それぞれの発表を前提として組み立てられている科目なので発表は必ず行うこと。積極的にコメントすること。

※履修している学生に対して事前に説明があった上で、変更される場合があります。

教科書・参考文献等

教科書

なし。
基本文献リストをもとに発表担当者が選んだもののコピーを配布します。

参考文献

書名 著者名 出版社 備考 K-aiser
別冊太陽 縄文の力 小林達雄編 平凡社
考古学ハンドブック 小林達雄編 新書館
縄文時代の考古学 谷口康浩ほか編 同成社
弥生時代の考古学 設楽博己ほか編 同成社
古墳時代の考古学 一瀬和夫ほか編 同成社
祭祀儀礼と景観の考古学 國學院大学伝統文化リサーチセンター 國學院大学伝統文化リサーチセンター